脂肪注入法で豊胸

このエントリーをはてなブックマークに追加

「体に異物を入れるのには抵抗がある」とか、「バストアップもしたいけど、サイズダウンもしたい部分がある」という人に選ばれているのが「脂肪注入法」の豊胸手術です。脂肪注入法とは、自分の体の脂肪をバストに移動させる方法です。太ももやお尻、お腹周りなど脂肪がついて困っている部分の脂肪を吸引します。吸引した脂肪分には血液や老廃物などが混ざっていますので、機械を通してろ過して綺麗にしたあと、バストに少しずつ注入していきます。脂肪注入法には色々な名前の付いた手術がありますが、それらの大きな違いは「ろ過の過程」にあります。ろ過する機械の性能によって名前が違ったり、金額が違ったりします。

自分の脂肪を移動させるのですから、異物反応がほとんどなく、バストの仕上がりも自然に大きくなったバストと変わりがありません。しかし、注入した脂肪のすべてがバストの脂肪になるのではなく、バストに定着する前に吸収されて無くなっていくものもあります。また、一度に大量の脂肪を注入したり、同じ場所に大量の脂肪を注入したりすると細胞が変化を起こして石灰化することがあります。理想的な方法に思える脂肪注入法ですが、「定着率」と「石灰化」という点で課題が残ります。この課題をクリアするために新しい機械が開発され、医師の技術も向上し続けています。少しでも脂肪注入法で起こるリスクを軽減するためには、信頼できる技術力のあるクリニックを選ぶことが大切になります。

ページの先頭へ