コンデンスリッチ脂肪注入

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンデンスリッチ脂肪注入とは、脂肪注入法の一種で、しこりの元となる老化細胞や死活細胞などの不純物を体から吸引した脂肪の中から取り除いてバストに注入する脂肪注入法で、現在の脂肪注入の主流となっている方法です。不純物を取り除いた細胞を濃縮(コンデンス)するためこの名がつけられました。従来の脂肪注入法でも、吸引した脂肪から不純物を取り除く処理は行われていましたが、コンデンスリッチ脂肪注入では不純物に加えて「老化細胞」の除去も行うことが特徴です。老化細胞まで取り除くことで、吸入した脂肪の密度が高くなり、定着率の高さにつながるのです。

脂肪注入法は安全な豊胸手術と言われていますが、「定着率の悪さ」と「石灰化(しこり)の出現」が課題となっています。定着率の悪さとは、注入する脂肪に含まれた不純物などによって脂肪がバストに定着して育たず、体に吸収されて無くなってしまうことを示しています。定着が悪いと吸入した脂肪が無駄になってしまうので、思うようなバストアップ効果が得られません。脂肪注入法があまりサイズアップできないといわれているのはこのためです。また、体の働きとして仕方のないことですが、定着しなかった脂肪細胞を体に吸収せず、異物として石灰化してしまうこともあるのです。体の働きを変えることはできませんが、新鮮で濃密な、定着しやすい状態の脂肪細胞を注入することによって石灰化を防ぐことができますので、コンデンスリッチ脂肪注入はその目的に合った優れた技術といえるのです。

ページの先頭へ