豊胸手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊胸手術の種類

現在、美容外科で受けることのできる豊胸手術には3つの種類があります。

1)バッグ挿入法…シリコンでできたバッグをバストに挿入することで豊胸できるものです。シリコンの形や柔らかさ、内容量を選ぶことができるため思い通りのバストを作ることができます。しっかりとした技術のある病院で手術を受けないと、バッグが硬くなったり形が変わったりして不自然なバストになってしまうことがあるので注意が必要です。

2)脂肪注入法…自分の体の気になる部分の脂肪を取り出して、バストに挿入する豊胸手術です。自分の体の細胞を移動させるので、副作用が起こりにくいとされています。しかし、脂肪は移動したものがすべてその場所に定着することはありませんので、大量に注入したからといって注入したサイズにバストアップできるわけではありません。また、取り出した脂肪の洗浄・選別の方法によっては注入した後バストで石灰化してしまう恐れもあるので、最新の機器で脂肪を処理できる病院を選ぶことが大切です。

3)ヒアルロン酸注入法…価格もお手頃で、体への負担が少ないため「プチ整形」に分類される豊胸手術です。ヒアルロン酸をバストに注入することで1サイズから2サイズのバストアップが可能です。ヒアルロン酸を注射器で注入しますので、大がかりな手術は必要なく、誰でも簡単にバストアップできると人気を呼んでいます。しかし、ヒアルロン酸は2年程度で体内に吸収されてしまうものですから、定期的に注入する必要があります。

若い女性だけでなく、最近では更年期を過ぎた女性も受けているという豊胸手術。豊胸手術と言うと乳房を切開してシリコンを入れる方法が昔から行われている方法ですが、最近は色々な種類の豊胸手術が出てきています。最近の豊胸手術には、シリコンを入れるよりも体に負担が掛からない自分の脂肪を注射で入れる方法や、体の中にある成分と同じ成分でもあるヒアルロン酸を注射で注入し、自分の理想とするバストを作り上げる方法もあります。

脂肪注入で行う豊胸は、自分の体に余分についている脂肪を吸引して、それをバストに注射で注入するもので、体に負担が少ないだけでなく、施術後の出来栄えがとても自然な感じで仕上がるといいます。自分の脂肪を入れるのでシリコンなどの異物と違い後に乳がんになると言う心配も無いようです。余計な所のお肉がなくなるので、バストアップだけでなくスタイルのメリハリがつくと人気があるようです。

ヒアルロン酸注入法豊胸手術は、シリコンや脂肪注入よりも手軽にできる豊胸手術として知られています。胸の谷間を作りたい、バストの位置を高くしたいなどほんの少しずつヒアルロン酸を注入するので、自分の理想の形となるバストを作れると若い人たちの間で人気が出ています。豊胸手術は美容目的でスタイルにメリハリをつける場合と、乳がんなどで乳房をなくした人が受ける乳房再建手術という2つのカテゴリーに分かれているようです。どちらにしても女性にとって大切な胸を綺麗に整える手術と言えます。

脂肪注入法で豊胸

最近、バストアップを図るサプリメントも出てきているようですが、確実に胸を大きくしたい場合は、やはり豊胸手術を行うのが一番のようです。多くの美容整形外科がこの豊胸手術を行っていますが、人気があるのが自分の体で必要の無い部分の脂肪を吸引して、バストに入れるというものです。お腹周りの贅肉や、なかなか落ちない太ももなどの脂肪を使うことが多く、痩身効果もあると人気が出てきています。

脂肪注入法による豊胸は、いらない贅肉が取れるだけでなくその仕上がりが自然な感じに出来上がることです。シリコンバッグによる豊胸は確かに胸を見違えるほど大きくする事も可能ですが、胸の下を切開することでダウンタイムも体への負担も掛かります。この脂肪注入法であれば注射器で細かく脂肪を入れていくので、局部麻酔で済み体にも負担が掛かりません。脂肪を入れる箇所によって上向きのバストや、胸の谷間を強調したいなど希望に合ったバストを作っていくことが出来ます。女性らしい丸みがあるバストが仕上がると言われ、グラビアアイドルなどもこの脂肪注入法を受けている人が多いようです。

すでに今までシリコンが衝撃でずれてきたり、垂れてきたりといった人たちが除去後にこの脂肪注入法の豊胸に変えることもあるようです。また脂肪を注入して胸が大きくなった後でも、乳がん検診を受けることも可能です。これは自分の脂肪を注入するから可能なことです。安全に綺麗な胸を作りたいのであれば脂肪注入法が良いかもしれません。

ヒアルロン酸注入で豊胸

美容整形における豊胸の手術は、性能が高いシリコンバッグを入れるものや、自分の余分な脂肪を吸引してそれを入れる脂肪注入法、そして最近最も手軽に出来る手術としてヒアルロン酸注入があります。このヒアルロン酸注入は注射による注入で、その時間も20分ほどで終わりダウンタイムもありません。極細の針を使ってヒアルロン酸を注入するので、体への負担が少なく簡単に出来、プチ豊胸とも言われているものです。ヒアルロン酸は私たちの体の中にもある成分、注入後は体の中に時間を掛けて同化していくので安心なものです。

このヒアルロン酸注入が人気があるのは、1回、1回の注入量を少なくして人知れずに豊胸を行う事が出来ること、またヒアルロン酸を注入する場所、その量によってつんと上を向いたバストにしたい、胸の谷間を強調できるようなバストにしたいなど、自分の理想をするバストを作り上げる事が可能なことです。ヒアルロン酸は保湿成分も多く、年齢と共に張りがなくなってきたバストを若返らせる事も可能で、若い人たちだけでなく更年期の女性が自分の自信を取り戻すために行うケースもあるようです。

豊胸は胸が小さくコンプレックスを持っていた人、また乳がんなどで乳房を切り取った人などが、自分の自信を取り戻すものでもあります。ヒアルロン酸注入は痛みや体の負担も無く、注射で簡単に豊胸が行えるものです。価格もそんなに高くないようです。気になる人は受けてみると良いかもしれません。

シリコンバッグで豊胸

大きな胸、多少太っていても胸が大きいと目立たないものです。胸を大きくする豊胸手術で最も良く知られているのがシリコンバッグによる豊胸です。性能の高いシリコンを胸の下や脇の下からメスをいれ、バッグを注入して行います。この方法は自分の脂肪を注入する方法や、最近気軽に出来るプチ豊胸などと違い、入れるバッグの大きさによって確実に胸が大きくなるものです。

豊胸手術はこのシリコンバッグを入れる事から始まっており、過去に使われていたシリコンには長い間使用している間に中身が漏れたりといった事がありましたが、現在豊胸に使われているシリコンはかなり性能が高く、万が一体の中でシリコンバッグが破裂しても中身が出ないようになっています。衝撃テストや耐久性のテスト、また流動性のテストなどを通して乳房に注入した際にも自然なバストを作り上げます。年齢と共になくなってしまった胸、または乳がんで乳房を取り除かなければいけなかった、など色々な理由で豊胸手術を受ける人たちがいます。

シリコンバッグに限らず豊胸の手術は一人ひとり違うバストを、体全体とのバランスを考えて行うもので、経験豊富な医師が行うのが一番です。豊胸手術を受ける時にはそのクリニックがどのようなカウンセリングを行い、またどのようなアフターケアがあるかなどをしっかりと把握して決めたほうが良いようです。シリコンバッグでの豊胸は、結構多くの芸能人も受けていると言われています。

コンデンスリッチ脂肪注入

豊胸手術の中でも自分の脂肪を注入する方式のものが人気があります。これは脂肪注入法といわれていますが、中でもコンデンスリッチ脂肪注入と言うものが、最も安全だと人気です。脂肪注入による豊胸は以前から、自然な出来上がりになるが定着率が低い、またはしこりが出来やすいと言うデメリットがありました。このコンデンスと言う意味は濃縮という意味があります。自分の体から取り出した脂肪を、死んでいる細胞や古くなっている細胞、また水分と言った定着率を下げる要因になるものや、脂肪吸引の際に残ってしまった麻酔薬などを取り除き濃い純粋な脂肪のみを、バストに注入します。自身の脂肪をこのようにより分ける事でしこりも出来なくなるといいます。

コンデンスリッチ脂肪注入はこのように厳選された脂肪だけを、バストアップのために胸部に注射で注入するものです。極細い注射針を使って行うので局部麻酔のみで問題は無く、体に掛かる負担も大変に軽いものです。コンデンスリッチ脂肪のようにバストに入れる脂肪を、いらないものを除外して純粋な脂肪だけにする事で、バストに注入した後の定着率が大きく変わっていくといいます。シリコンバッグと違い自然な感じで出来上がり、グラビアアイドルでこのコンデンスリッチ脂肪注入を行っている人は結構いると言われています。

10代の頃から胸が小さいのがコンプレックスの人、また乳がんによって乳房を取り除いた人など多くの人が、このコンデンスリッチ脂肪注入による豊胸手術を受け自信を取り戻しています。

ピュアグラフト脂肪注入

自分の体のいらない脂肪を吸引して、それをバストに入れる脂肪注入の豊胸手術。運動などではなかなか取れない太ももの脂肪や、お腹の脂肪を吸引して胸を大きく出来るので人気があります。この取り除いた脂肪を特殊なフィルターで古くなっている細胞や、死んでいる細胞また色々な不純物を取り除いて純粋な脂肪に変えて、バストに入れるのがピュアグラフト脂肪注入です。

ピュアグラフト脂肪注入のメリットは、脂肪を入れた後の脂肪の定着率の高さです。ピュアグラフトの特殊なフィルターは、純粋な脂肪だけを選び出し極細の注射器を使って、作りたい理想のバストの形になるように細かく注射を打っていきます。そのために脂肪注入にありがちな、しばらく経って注入した脂肪がしこりとなって残る事もありません。これらのメリットはやはりピュアグラフト脂肪注入で注入する脂肪が、純度が高い事から得られる効果だといえます。気になるダウンタイムはバストへの脂肪注入よりも、脂肪吸引した場所の方が時間がかかります。

またピュアグラフト脂肪注入だと、注入したバストの出来ばえが自然な感じで出来上がるのも特徴と言えます。触ってみた感じも本物と同じで注入した後のバストの硬さや不自然さを感じる事が無いといいます。このピュアグラフトの手術は胸を大きくしたいという美容目的で行う人と、乳がんなどの手術で乳房をなくした人、どちらも受けています。どちらも自分の体に自信がつくと喜ばれているようです。

ページの先頭へ